cafe blog

絵本の修復

絵本の修復の依頼がありました。かこさとしさんの絵本。お父さんが子どもの頃に夢中になっていた絵本を、息子さんが生まれた時におばあさんから受継いだとのこと。まだ廃盤になっていないので購入した方が安いのですが、そういう事ではないですね。上手に出来るかな…がんばってみます。

背表紙がボロボロのものは一旦解体し、別の厚紙で補強、見返しを貼り直して頑丈にするところまで考えていたのですが、そこまで必要ないとのことだったので、今回は表紙カバー&補修用テープで修復することになりました。

セロハンテープは月日が経つと劣化してポロポロ剝がれてしまうので、ページのほつれや破れた箇所には専用の補修テープを使います。今回はじめて「ページヘルパー」を使ってみたら、とても薄くて馴染むしテカテカしない。貼りやすくて使い勝手が良かったです。https://item.rakuten.co.jp/bookcover/2100-6206/

表紙をスキャンして汚れをとり復元。カバーをつけることでこれ以上痛まないように保護。だいぶ見た目が生き返りました。せっかくなので裏表紙に修復に至るエピソードを…↓

「ずっと残したい絵本の修復」承ります

【今回の修復価格】絵本カバーの作成+補修テープによる補強 1冊/3,000円
(冊数や修復程度によってご相談に応じます)

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。